Amazon.co.jp ウィジェット TAT 忍者ブログ
昨日の今日でアレですが、
タクティクスオウガをクリアしなおしました!

というものも昨日のblogで、こう書いていました。

>エンディングでは仲間の残り具合によって演出が変わるものと思います。

そうなんです!
よりにもよってラスボス戦。あんまりにもボスが強いもんだから
主人公の親友であり超重要キャラクタであるヴァイスが
ラスボスの凶刃に倒れ、復活させられないままに
エンディングを迎えていたのでした。

ここまで一緒に!がんばって!やってきたのに!
ラスボスで倒れてしまって!ハッピーエンドなんてないぞ!!!

ということで一晩モヤモヤしたあげく、
ラスボス手前のセーブデータからやり直しました。

超個人的なラスボス討伐記

ラスボスの行動パターンは大体わかったので寝床で作戦を練り直し。
システム面をしっかり理解できていないのが痛いのですが、
どうもこのラスボス、近接攻撃にはめっぽう強いものの
投てき武器ならそこそこダメージが通る様子。

ということで、投てき武器が使える面々を隊列に加え、
高所からの攻撃が期待できる鳥人カノープスさんや
ホークマンのラドクリフさんも投入。
もちろんガンナーのレンドルさんも投入。

その他、魔法のラインナップもいろいろと整理して臨みました。

戦闘はなんとかこちらの意図通りに進んだのですが
やはり囲まれて連続攻撃を食らってしまうと
一気に瀕死に追い込まれてしまうのが油断ならないところ。
親友ヴァイスや髭マッチョのギルダスまで倒れてしまいますが
なんとか蘇生魔法をやりくりして戦局を保ちます。

最後はガンナーレンドルの狙いすました一撃でなんとかラスボスを撃破。
全員生存でのエンディングを迎えることができました!
よかったよかった。

エンディングの味も格別!

2度目のエンディングではありましたが、
すっきり感、納得感が段違い!いやー、よかった!
エンディングってのはやっぱりこう、
これまでの旅路の終わりを意味するわけですよ!
それすなわち、仲間たちの別れであり、それぞれの旅立ち!
主人公の手を離れる者。主人公と別れ、残る者。主人公を追う者。
様々な行く末があるわけです!

故郷に戻る者。新たな旅路を求める者。
それぞれがそれぞれに、今回の旅に思いをはせ、
さらにはリーダーであった主人公に思いを抱きつつ、
自らが進むべき道を選んでいくんですね。これがすごくいい!

特にカノープス一行の別れなんてもう最高じゃないですか!
個人的にはカノープスやギルダスにはずっとお世話になったので
彼らが笑ってこの島から帰るその姿に、なぜだか「ありがとう」と
感謝の意を感じずにはいられませんでした。

ザパンもよかった!
ザパンは仲間になって以降、ずっと隊列の先頭に立って
敵の攻撃を受け続けてきてもらっていましたから、思い入れもひとしお。
主人公と抱き合って別れを告げるシーンには
どこかこう、相棒感がありました。
信頼できる仲間。こいつに任せておけば何とかなるという安心感。
あと、Dr.KさんのSoVで使ってた、抱き合うアニメティカを思い出しました。
これが元ネタか!




これで思い残すことはありません!
安心してアライアンスアライブに進めます!よかったー!
ほかの作品もゆくゆくは手を伸ばしてみたいなあ。

拍手

PR
タクティクスオウガをクリアしました!
いやー、このゲームをプレイできてよかった!


new3DSのバーチャルコンソールでプレイしましたが
クリアまでにかかった時間は堂々の76時間14分!
言ってもSFCのゲームだし、
そこまでかからないだろうと高をくくってかかったら、
それ以上に私のシミュレーションRPGスキルがヘタレすぎていて
リセットリセットまたリセットの嵐。下手すぎる。
とはいえそれでもプレイしたい!
クリアしたいと思わせる面白さがこのゲームにはありました。


これが世にいう松野シナリオ!

今回私はロウルートでプレイしましたが、
人間のエゴイズムや、人々の生々しい感情によって
振り回されるシナリオに驚かされました。
主人公の視点でシナリオは描かれますが、
ここまで見事に民族紛争をゲームに落とし込めるものかと感動すらします。

さらにプレイヤーをゲームに引き込む要素であるシナリオの分岐が見事。
今回私はロウルートでプレイしましたが
1章、2章の終盤の展開には「これがタクティクスオウガか!」と、
「そりゃあ称賛もされるわ」と感じずにはいられませんでした。

この作品を発売当時にプレイしていたら
間違いなくその後のツクール活動には影響を受けていたと思います。
むやみに民族紛争を取り扱うゲームを作ったり、
プレイヤーに過酷な選択を強いるゲームを作ったりしていたと思う。
ゆくゆくは「ファイナルファンタジーのシナリオなんてダセえ!」とか
言い出したりなんかしたりして。
それくらいショックを受ける作品だと思います。すごい。

また、先日も書きましたが
このシナリオを補うグラフィックが実にすごい。
もうこんなゲームは見られないだろうという意味でオーパーツと言っていい。
引き込まれます。

死んで死んで、悩んで勝つ面白さ


もちろんゲームとしての面白さもあります。

先述の通りシミュレーションRPGはどへたくそな私ですから
なんども死にながら、キャラの編成を変え、戦略を変えして
戦闘に挑み、なんとかかんとかクリアしていきました。

戦略がばっちりはまったときはこれはもう面白い!
うまくいかないときにはホントにびっくりするほど簡単に
仲間が死んでいくのですが、バッチリはまると
バッサバッサと敵を倒して行ける。これが快感!

それでもやっぱりシナリオ上のボスは強くてですね、
がんばって苦楽を共にしてきた仲間を時には犠牲にしなければ
勝利を得られない時があるんですよ。

これがねえ、ほんとに辛い。何度も何度もリセットして挑んで、
何とか勝ちの目が見えてきたときに、仲間が倒れると
この犠牲は、やむを得なかったんだと思わずにはいられない。
こういうところでもプレイヤーに選択を強いてきているように
思わされてしまいます。

こういったシナリオ、システムの両面から
プレイヤーがゲームに参画していることを強く感じさせる、
よりよいゲーム体験を得られるつくりの作品だと感じました。





エンディングでは仲間の残り具合によって
演出が変わるものと思います。
ルートも複数ありますし、ぜひもう一度トライしてみたい気にさせられる。
素晴らしい作品でした。

プレイできる媒体は複数ありますし、
今プレイしても全く色あせない面白さがあります。
昔のゲームにありがちなUIのモッサリ感もなく、
古臭さがまったくないところからも完成度の高さがうかがえる。
ぜひ、プレイしていない方は触れてみてはいかがでしょうか。

次はアライアンスアライブをプレイします!
DQ11までにはクリアしたい!!!

拍手

ごぶさたしています!こんどーです。
自分のハンドルネームを忘れるくらいに久しぶり。
最近ってハンドルネームって言わないんですかね。
どーなんですかね、そんなことを話し出しちゃうレベル。

最近は前回のblogで書いた通り
SFCバーチャルコンソールでタクティクスオウガをやってます。

このゲームすごい。ドット絵がハンパない。
どれくらいすごいかっていうと、このゲームをやってたら
RPGツクールをやりたくなったっていうくらいすごい。
キャラクタの動きがすごい。見せ方がすごい。
ドット絵のちまちました動きが、すごくキャラクタを立たせてる。
生き生きした動きが、本当に見ていて楽しい。
そんな動きを見ていたら、こういう動きを見せられる
ドット絵のゲームを作ってみたいなぁ、なんて思ってしまう。

まだまだゲームのクリアまでには至っていないんですが、
現時点でも触れてよかったと思えてます。
なんとかドラクエ11の発売までにはクリアして、
ドラクエ11祭りには参加したいところ。
こういうのって発売日から遊ばないと乗り遅れちゃうからなあ。

大体そんな感じです。

拍手

ゼノブレイドをクリアしました!ので、久々にblog更新。



この動画はwii用に発売された際のCMですが、
実際に私がプレイしたのはnew3DS用に移植されたものです。
驚くべきはそのプレイしていた期間の長さ!
2015年の夏にブレイブリーセカンドのクリアを報告しましたが、
そこからずーっとやり続けて今や2017年の正月!
1年半もプレイしていたというから驚く。よくクリアできたなこれ。

クリア時データ

気になる総プレイ時間は114時間10分。
正直結婚してからゲームにかけられる時間が予想以上に減ったというところが
プレイ期間の長さにつながった感は否めませんが、
だとしてもプレイ時間も私がこれまでプレイしてきたゲームの中では最長。
最終レベルはシュルクが81でした。

戦闘システムが難しい!

このゲーム、戦闘はアクションRPG的なスタイルでして、
フィールドを自由に駆け回りながら、敵との間合いを図りつつ、
技を繰り出してダメージを与えていきます。
また、最終的には7人となる仲間たちの中から
自由に3人を選んで戦闘に参加させるスタイルで、
そのうちユーザが操作するキャラクタは1キャラのみ。
他のキャラはCPUが自動で操作します。

この戦闘スタイルに慣れるまで非常に時間がかかった!
オーラやらバフやらタレントやらと用語も独特であり
正直最後の最後まで完全に理解しきることができませんでした。
1年半もやっててこれか。

それでも戦闘システムは慣れると楽しい

中盤までは主人公であるところのオールマイティキャラ、シュルクを操り
楯役のラインや、回復役のカルナを従えて戦っていました。
しかしそのうちシュルク以外のキャラも操ってみたくなり、
楯役のラインを操り、回復役のカルナと
強力魔法をぶっぱなすメリアを従えるスタイルに。

そこではじめて気づいたんですが、このゲーム、
操作するキャラクタを変えると戦闘での立ち回りがガラッと変わって
戦闘に対する楽しみ方が一変するんですね。
おそらくMMORPGなんかだと、自然とそうなっていると思うのですが
ひとりひとりに与えられた役割があって、それを
パーティ全体で均衡がとれるようにそつなくこなす。
そんな役割を演じる楽しさを戦闘の中で感じることができました。

終盤は回復役のカルナを操って、
魔法使いメリアと攻撃も防御もイケる機械人を従えて戦ってました。
正直カルナで回復とサポートに徹していれば
あとはごり押しで行けるぜフハハハ!というのが到達した結論。それでいいのか。

案の定、ラスボスはそうもいかず、幾度となく全滅を繰り返しましたが、
最後はシュルクのモナド(特殊能力)を駆使してなんとかかんとか倒せました。
誰をパーティに出すか、誰を操作するか、という点で
試行錯誤を繰り返せる、かつ飽きがこないようになっているのが
すごくよかったですね。

イベントシーンの見せ方が絶妙

このゲーム、イベントシーンの見せ方が非常によくできてます。
衝撃的な展開、胸が熱くなる展開、打ちのめされるような展開が都度現れ、
そのたびに私は「これはすごいゲームだ」と感じずにはいられなかった。
プレイ時間が長いにもかかわらず、シナリオがダレなかったのはさすが。
目的が常に明確で、次に何をすればよいのかわからない状況にはならない一方で、
イベントの見せ方、シーンの挟み方、伏線の回収の仕方で
ユーザの期待を上回る次への展開を提供してくれるシナリオには驚かされました。

なんといってもシーンにおける音楽との同期がすばらしい!
盛り上がるシーン、感動的なシーンでBGMも同様に盛り上がり、
ユーザの気分が高まるようになっている。
こうした言葉にすると当たり前のことでも、
これを忠実に、丁寧に行っていてくれるところに感動しました。

「ゼノブレイドは音楽がよい」と、耳にすることがありますが
ゼノブレイドは単体で聞いた音楽の良さだけでなく、
ゲームをプレイする中で実際に体験したイベント、戦闘、フィールド、
そうした体験としての音楽がユーザの心の中に残っての音楽の良さだと思います。
久々にこうした音楽が印象に残るゲームをプレイしました。

王道的なシナリオ

シナリオは最終的に言ってしまえば人間賛歌なのですが、
ものすごくさわやかに、きれいに終わってくれるところがとても好印象。
これまで積み重ねたイベントシーンの重さもあって、
この世界に生きる幾多の種族、生物。ちっぽけな生命体の生きる意志が
おごり高ぶった強大な存在の傲慢さに立ち向かい、そして討ち果たす!という流れが
非常に感動的に描かれます。

なんといっても先述の通りラスボスがバカみたいに強いので
私は非常に感動しました。よかった!本当によかった!
幼いころにこのゲームに触れていたら、
人生に影響を与える「一番好きなゲーム」になっていたであろう風格があります。

巨神界、機神界といった独特の世界観で覆われていますが
その実、本質的には王道的なシナリオ展開であった点も見逃せない良い点です。
故郷の村を出て世界の頂上を目指す旅に出た主人公、
その旅の中で、幾度となく強大な敵の襲来にあい、挫折を繰り返し、
新たな仲間を得て、力を習得してゆく。そうして旅の中で世界の真実を知り、
倒すべき敵ともその真意に触れることで、心を通わせる。
世界に生きる全ての種族と意志を通わせ、力を一つにしたうえで、
これらをすべて破壊しつくすことを目論む創造主に向けて刃を向ける!
すばらしいです。いいゲームをやったとしか言いようがない。



というわけで、いろいろ書いてきましたが
後世に誇るべきすがすがしいプレイ後感を提供してくれる
素晴らしいゲームです。今からでも遅くない!wiiを持っている人はやるべき。
new3DSがどれだけ流通しているか知りませんが、こっちを持ってる人もやるべき。
やって後悔はない作品です。いやー面白かった!
なんといっても、クリアできてよかったという気持ちが一番デカい。

で、次はちょっと短めのゲームをやろうかなということで
SFCのバーチャルコンソールに手を出そうかと思っています。
タクティクスオウガ、やってみたかったんだよなあ。

あと、blogを久々に書くと書き方を忘れていてビビる。
定期的に書かないとダメだなあ

拍手

ごぶさたしています。こんどーです。元気に生活しています。
結婚したらライフスタイルがバカみたいに変化してしまい
その結果パソコンに向かう時間が著しく減少した罠。

結婚する前

会社から帰ったらまずPCの電源をONにする。
とりあえず晩飯を作って、晩飯を食いながらニコニコ動画を見る。
よく見てた動画は垂れ流し系実況動画。
何回か話したこともあるかと思いますが、たろちんのクソ動画は
ホントによく見てた。就寝時間は24時過ぎくらい。

結婚した後

会社から帰って、
奥さんと飯を食ってだらだら話したら風呂入って寝る。
就寝時間は22時半くらい。

書いてて思ったこと

結婚どうのこうのというより、
単純に体力がなくなって就寝時間が早くなったのが原因!!!
鍛えればいいってことか!!!

脈略もなくカズヤ。肉体美といえばカズヤ。

拍手

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

<<前のページ 次のページ>>
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose