Amazon.co.jp ウィジェット TAT 忍者ブログ
聖剣伝説が出ない理由、ファイナルファンタジーとは異なる可能性
そして…ゼノギアス クリアしました!


クリア時間は54時間09分。最終レベルはフェイLV.76でした。
これが!これがゼノの原点!
ゼノブレイド、ゼノブレイド2を大いに楽しませて頂いた身としては、
絶対にプレイしておきたかった一作でした。
PSPというオーパーツを福元さんから借り受けて
PSストアからゲームアーカイブスでDL購入してのプレイ!
先日の記事でも書きましたが、PSをRPGツクール専用機として消費した
私としてはこうしてPSPで過去のゲームができるのは本当に助かる!
もっと早くにPSPを買っておけばよかったとマジで思った。
いや~、実に満足。楽しませて頂きました!


こ、これが完全版を期待される理由!

もうしょっぱなからシナリオがエンジン全開で伏線貼りまくって飛ばす飛ばす。
シタン先生が思わせぶりな言葉を吐いたと思えば、
なんだかよく分からんグルグル回る球体に
ジジイが映ったテレビがたくさんついてる映像が映るし
主人公のフェイは記憶喪失な上に絶叫して暴走して村を滅ぼすと来た!
どういうことなんだよ!ぜんぜん意味わからんぞ!
でもこれが!これこそが聖剣伝説が出ない理由!FFとは異なる可能性!!!

伏線が伏線を呼び、謎ばかりが積み重なっていく中をよく分からんままに
あちらこちらに彷徨う自暴自棄な青年フェイとともにアヴェやらキスレブやらを
右往左往するイグニス大陸編はその後の冒険も謎に満ちていて実に面白かった。
特にアヴェ編が夢半ばで終わっていきなり牢獄シティにぶちこまれる
キスレブ編は実に面白かった!こっから先どーすんだよ感がすごかったですし
そこへきてゲブラーが空中戦艦ぶっこんで原子炉を破壊するとかしないとか
する流れは実に熱い。あの辺の流れが好きで、その後もリコを苦労しながら
多用してました。そんなもんだからハマーがらみの終盤のイベントはマジで
きつかった。ハマーはへらへら笑いながら何だかんだと
生きながらえてほしかった。でもこれが!これこそが聖剣伝説が出ない(ry

海底遺跡でエリィが急に達観してエメラダが出てくるあたりだとか
協会地下でソラリスと協会の関係が分かるあたりだとかも
その後の展開を妙に空想させておもしろかったですね。
色んなフェイが出てくるあたり、私の頭はこんがらがりましたが
またそれがその当時はとても心地よかった!どういう伏線回収を
見させてくれるのかとワクワクしていました。

と思ったらディスク2!!!おい!!!

フェイやらエリィやらがかわるがわる椅子に座って過去を邂逅する
不思議なお話をスタイルでシナリオがあれよあれよという間に展開し
「あれっ、これサウンドノベルだったかな?」とか思っていたら
たまに入るダンジョンや戦闘でお茶を濁されるもんだから
正直気持ちがついていけない。話がガンガン展開してあっという間に
天帝カインもテレビのおじさんたちも退場していくありさまで
あっという間にマハノンのゾハルがデウスしちゃって
なんだか凄いことになっちゃったぞというのが正直な感想。

後でいろいろなホームページを見ると色々な開発事情が
あったようなことも噂されていて、
こりゃあ完全版が期待されるのも仕方ないよなぁという印象です。
でもこれ全部ちゃんとRPGさせようと思ったらものすっげえ
開発期間とプレイ時間になりそうだな。だがそれがいい!

ゼノシリーズ原点としてのゼノギアス


そういう意味ではもろもろの事情から粗削りになってしまい、
結果としてRPGの枠に収まりきらなかったゼノギアスのやりたかったことが、
ゼノブレイドではホントによくゲームとして納まっていると思いますね。
ゼノブレイドもムービー多かったですが
きちんとRPGとしてきっちりまとまってました。
ゼノギアスでやりたかった表現、演出やイベントが
きっちりRPGとしてまとまっていればなおよかったんだろうなあと思う。
そういうところを知れただけでもゼノギアスをやってよかったです。

終盤の展開はマジで世界の崩壊がものすごいし、
鬱展開のイベントがこれでもかと続くもんだから
最終的なオチがハッピーエンドにならない不安がよぎりましたが、
ゼノブレイドが完璧なハッピーエンドだったじゃないか!
高橋を信じてやれって!という一心で軋んだ破片をつなぎ留め
どーにかこーにかプレイしていましたが最終的にハッピーエンドに
落ち着いてくれたときにはマジでよかったと思いました。
高橋を信じてよかった!これで俺は安心してゼノを今後もプレイできる!!!

イベントの演出で言ったら特に最後、
BGM飛翔でフェイがエリィを救い出しに飛ぶシーンはマジで熱い!
そのほかのシーンを見ても正直ポリゴンは粗いし、
ドット絵も拡大すると違和感がある。
でもね、どんどんそんなの気にならなくなるんですよ。
ゼノブレイドの最新鋭のCGもそれはそれでいいですが、
見せ方やセリフ回し、音楽の妙で画が古いなんてこと微塵も気にならなくなる。
こういうイベントシーンの見せ方がうまいってのもゼノギアスから
ずっと変わらないんですね。マジで驚きました。PSのゲームだとは思えない。
絵のきれいさがゲームの面白さには直結しないと思い知らされました。

ゼノギアスってものすごくジュヴナイル的であり、ボーイミーツガールであり、
重厚なSF設定が下敷きにどっしり基礎として鎮座ましましている一方で
そのくせ真っ直ぐなラブストーリーで、くそまじめな人間賛歌なんですね。
こういうところもゼノブレイドに引き継がれているんだなぁ~。
ゼノシリーズが最初っから人間賛歌であったことがうれしいです。
いやー、満足した。

wikiの圧倒的なボリュームにビビる


クリア後すぐにwikiでゼノギアスのページを見たんですが
圧倒的なその文章量にビビりました。
特にシナリオ!全部書いてあるじゃねえか!
これ書いたやつすげえな!よくまとまってるじゃねえか!!!
キャラクターや設定についてもいろいろ細かく書いてあって見ていて飽きません。
すげーな。こういうの見てると、もう一周したくなりますね。
伏線や設定が分かっている今ならもっとよく理解が進んで、
あのハッピーエンドがより一層輝くような、そんな気がします。


次はそのままPSPで幻想水滸伝をやります!
こいつもずっとやりたかったゲームだ!待ってろコナミ!!!

拍手

PR
イース8をクリアしました!


動画はPS4時のCMです。この動画が一番かっこよくまとまってる。
今回私はSwitchでのプレイです。

プレイ時間は50時間ちょうど。主人公アドルのレベルはLv.77でした。
イースシリーズをプレイするのは初めてでしたが、
なるほどこりゃあ面白いわけですね!最近情報公開されたイース9や
過去作にも興味が出てくるくらい、面白かった!!!

以下、ネタバレありの感想なので注意してください。

序盤はあまりハマれなかった

正直序盤のシナリオの展開にはあまり惹かれなかったんですよ。
このゲーム、アドルが乗り合わせたロンバルディア号が
謎の巨大イカに襲われて、無人島「セイレン島」に漂流するところから
始まるんですが、漂流者を集めて回ったり島を探索したりしながら
何とかしてこの島から脱出する手段を考えようぜ、というのが序盤の流れ。

漂流者の中に殺人鬼が紛れ込んでいたりで、オッと思わせる展開もありましたが、
「こういうゲームをやりたかったんじゃないんだけどなぁ」というのが
ぶっちゃけたところ正直な感想でした。

アドルが折に触れてダーナと呼ばれる少女の回想を夢で見るのですが
それも本筋のシナリオにあんまり絡んでこないもんだからついていけない。
そんな折にスマブラSPが発売されたもんだからそっちに浮気したりして
序盤は「なんだかのめりこめないなぁ」と思ってました。

爽快感あふれるゲームバランス

ただ、そんな中でもこのゲームを続けてこれたのは
一にも二にもゲームテンポのよさ!爽快感はピカイチです!
それまでプレイしていたのがゼノブレイド2だったこともあって
おんなじ系統のゲームかな、と勝手に思っていたのですが、全然違う!
アドルはものすごいスピードでフィールドを走り回るし
ジャンプの高さもレックスとは段違い!
それでいて必殺技をガンガン繰り出して敵をバッサリバッサリ切り倒していく!
このスピード感の変化にはマジでビビりました。これがイースか!と思った。
こんなスピードに慣れちまったらもうゼノブレイドの走りには戻れないぞ!
BGMもアップテンポで爽快感に拍車をかけるかける!

敵の攻撃タイミングに合わせてガードや回避を繰り出すことで
発動するフラッシュガードとフラッシュムーブもバッチリ決まると
ホントにテンションが上がる。初見のボス相手に決められたときなんか
このゲーム俺めっちゃうまいんじゃねーか!?みたいな、いい陶酔感に陥れて
どんどんこのゲームを遊んでいたくなります。

こうしたノンストレスなゲーム設計があったので、
なんだかシナリオにのめりこめない中でもゲームそのものは続けてこれました。

ダーナ過去編とアドルの冒険が交差してからが本番!

そんなシナリオが急に面白くなってくるのが中盤以降!
島の北側にアドルの冒険範囲が拡大して、夢に見たダーナの行動範囲に
アドルが足を延ばし始めてからの展開はマジで熱い!

なぜ古代エタニア王国は滅びたのか!王都にあいた巨大な大穴は一体!?
そしてダーナはなぜアドルの前に現れたのか!
古代種とは、大樹とは、そして「進化」とはいったい!!!
伏線の解消がさらに伏線を呼ぶ怒涛の展開が滝のように押し寄せ、
プレイヤーを圧倒するシナリオ運びはさすがの一言。
こ、これがイース!これがファルコムなのか!!!
中二病心をくすぐる海賊船や神、旧文明の遺跡などの要素も満載で
マジで最後はシナリオの続きが気になってプレイをやめられませんでした。

悲劇を描き切ったダーナ過去編

特にダーナ過去編最終版の展開はマジですばらしいです。
この世の春を、栄華を誇った文明が天変地異によって破壊され、
人心が乱れ、文明社会が崩れ去ってゆく様をきっちり描いてくれています。

ダーナ過去編はエタニア王国でダーナが奔放に人々とふれあい、
生活を紡いでいる様子からきっちり描いてくれています。
エタニアの人々から慕われ、尊敬されているダーナもまた、
エタニアの人々すべてを愛し、この日常を慈しみをもって送っています。

そんなダーナの、エタニアの幸せな日常がすべて崩壊するんですよ!
でもね、そんな中でもなおダーナは、人を信じ、救いたいと願い奔走するんです!
そりゃ心打たれますよ!俺がこのゲームを進めることでこのエタニアの悲劇を、
歴史を変えることができるんじゃないかって思うわけですよ!
未来のアドルと意識が共有されたってことはそういうことでしょうよ!
未来を変えることができるかもしれない、だからこそダーナは走るんですよ!
そう信じてましたよ私は!この子は幸せにならきゃならんのだと信じてましたよ!
だから「もうどうしようもない」と悟ったときのダーナの絶望に
マジで俺も心を痛めるんですよ!!!でもね、そんなダーナが!
エタニア文明最後の一人となったダーナが!
それでもなお、救いたい仲間が“未来にいる”と!
私にはまだ救える人がいると!救わなければならい人がいるんだと!!!
熱いじゃあないですか!その想いにこたえたいと思うじゃあないですか!
わかったよ、俺もとことん付き合うよ!俺もラクリモサを止める!!!
だからもう明日は出勤しない!!!

私とバランスのかみ合ったラスボス戦

難易度はNORMALでやりましたが、これがまた私の力量にベストマッチ。
間違いなくこいつがラスボスだろうと思って臨んだ第六章ラストの大樹戦。
高威力の攻撃をなんとかかわしながら、状態異常回避のアイテムや
必殺技ゲージ回復のアイテムもふんだんに使って一気に畳みかけて
辛くも勝利をものにしましたが、エピローグ内でホントのラスボスが
現れたもんだから話が違うってなもんです。

ラスボスは攻撃の威力もこれまでと段違いに高いうえに
状態異常系の攻撃もガンガンやってきてマジでたちが悪い。
そこへきてこっちは大樹戦でアイテムを使いまくったもんだから
回復アイテムが底をついていて状態異常から回復する術がないときたもんだ!
でも大丈夫!最後まで取っといた虎の子エリクサー的なHP完全回復&状態異常全快的な
アイテムがいくつか残ってる!こいつを節約しつつ使えば何とか持ちこたえられる!
まずは早くとりあえずアドルにエリクサーを使ってくれの一心で
緊張のあまりはやる気持ちを抑えきれずにボタンを連打していたら
なんと一気にぜーんぶアドルに消費してしまう事案が発生!!!
こうなったらもうジャストガードでフラッシュガードを
連発するしかないぞの背水の陣で奇跡的回避と必殺技を連発して
なんとかかんとか仕留めたときにはガッツポーズでした。

いやぁ、いいゲーム体験をさせてもらった。
エリクサーを無駄に消費してしまった時は、30歳を超えても
俺はまだこんな小学生みたいなミスをするかとマジでガッカリしました。



サブイベントをきっちりこなしていたこともあって、
運よく一発目でトゥルーエンドに到達できたのも結果的に高評価につながってます。
ダーナがきっちりと幸せになった様子を見ることができて、ホントによかった。
未プレイの方はぜひ!ネタバレめっちゃ書いてしまいましたが、肝心なところは
まだ書いてませんし、プレイする価値ありますよ!俺はこれからサントラも買う!!!

拍手

前回からの続きです。

プレステクラシックで当時を思い出す

プレステが大いに盛り上がっていた当時、
ツクール以外のPSゲームを触っていなかった私にとって
プレステといえばツクール!なのですが、
そんな意見がマイナーであることもわかっていて。。。

君はファミ通PSクラシックを見たか 

ところでこうしたクラシックシリーズが発売される都度、
ファミ通が特集ムックを作って発売していることを皆さんはご存知でしょうか。
ファミコン、SFCのクラシックシリーズが発売された折から
ファミ通では当時のクロスレビューや開発者インタビュー、
また現代のゲームクリエイターにそのクラシックハードに収録してほしい
タイトルをいくつか挙げてもらう企画を掲載したムック本を発売してるんですね。
今回も例にもれず、ファミ通PSクラシックという本を発売しています。

で、今回はなんと100人ものゲームクリエイターに
PSのベストゲームを3本あげてもらう企画をやってるわけですよ。
私としてはそりゃもう100にもいりゃあ一人くらいツクールのことを
思い出してくれる人がいるんじゃないかと思うわけですよね!
100人ですよ100人!100人いて一人もあげてなかったら
ツクールって何だったんだってなりませんか!?
ツクールやっててゲームクリエイターになったヤツが一人くらい
いたっておかしくないでしょう!そいつがベストゲームにあげるかどうかは
また別の話かもしれないけど!でもあげたっておかしくないでしょう!
それを期待するのは別におかしなことじゃないでしょう!おかしいですか!
何がおかしいんですか!言ってみなさいよ!いいでしょうが!!!

ガチな奴がいた

で、実際いたかどうかなんですけどね。いたんですよこれが!
マジで星の数ほどあるPSのゲームの中で、
RPGツクール3をベストゲームにあげてくれている
ゲームクリエイターがいたんですよ!

福原哲也さん
https://twitter.com/hiyopi?lang=ja

サイゲームスでグランブルーファンタジーのディレクターなんかを
やってる方らしいんですけどね。ざっとコメントを拾い上げると、
彼がどんだけガチな家庭用RPGツクールユーザーだったかが分かる!
  • RPGツクールはSUPER DANTEから始めた
  • ツクール3になって漢字が使いまくれるのが「超衝撃的」だった
  • 自作のアニメティカやかなでーる曲を追加しまくった
  • 何10作も作った
  • 一番の大作はメモリーカード8枚組までいった
うおおお!ガチなやつじゃないか!!!
漢字が使いまくれるのが衝撃的なとこなんて俺と同じだよ!
超やりたい!そのメモカ8枚組の超大作を超やりたい!
なぜ!なぜその当時インターネットでRPGツクール3の
コミュニティを検索しなかったんだ!
なぜドラコンにお前は出てこなかったんだ!
出てきていれば歴史は変わっていたはずだ!!!

いやあ、なんというか、こういう人っているんですねー。
これを知れただけでも、PSクラシックが出た意味があったなぁと思える。
FF7やメタルギアソリッド、ベイグランドストーリーを差し置いて
ツクール3を挙げてくれるクリエイターがいることに敬意を表するとともに
なんとなく、俺もRPGツクール3がPSのマイベストゲームと
胸を張って言ってもいいんだと思えるようになりました。

このblogは福原哲也さんを応援しています!

拍手

先日プレイステーションクラシックが発売されました。
そう!みなさんご存じ!PSの小さくなって
タイトルが複数登録されて懐古厨にはたまらない系のアレです!

プレステに心を許せないこんどー少年

当時私の家にはすでにニンテンドー64があり、こんどー少年は
ゼルダ時オカや007にご執心でPSには関心がありませんでした。
父親がFF7目当てにPSを買ってきていましたが
思春期真っ盛りのこんどー少年は「うちの親父は任天堂を裏切った」などと
狂信者のごとく父親を異端者扱いする始末。こういうことあるよね~!

ただそんな私のなかでもRPGツクールだけは別格で、
ツクール3を境にPSとの付き合い方を改めることに。
ここからPSのツクール関連ソフトを片っ端から買い集めていくんですが、
その一方で当時ふつーのPSユーザがやってたゲームには
全然見向きもしない状態が続くことになります。
ツクールをやってたからってのもあるんですが、そこはもと狂信者、
「俺はPSをやってるんじゃない!ツクールをやってるんだ!」などという
浅はかでちっぽけな建前があったことも確か。すげー損してるよなぁこれ。

ツクールが一作も入っていないPSクラシック

で!そんな俺にとってPSクラシックといえば
RPGツクール3であり!かなでーる2なわけですよ!
ツクール4とかサウンドノベルツクール2とかシミュレーションRPGツクールとか
3D格闘ツクールとか3Dシューティングツクールなんかが入っていてもいいぞ!

とはいうものの亜流はなはだしいこうしたアスキーのゲームが
数ある華々しいゲームとともにプレステクラシックに収録されるわけもなく。
そんなことわかってます。入ってたらビビる。
「なんでツクールなんてもんが入っててゼノギアスが入ってないんだ」って言われたら
返す言葉もない。俺もそう思う。ゼノギアスを入れてやってくれ。


長くなってきたので続きます!

拍手

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

今年も私生活がいろいろと忙しく、ゲームに割ける時間が少なかったり
オフ会に顔を出す機会が少なかったりと生死不明な状況が続くと思いますが
思い出したようにblog更新を続けてゆきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

オフ会がありました

そんな中、先日オフ会がありましたので参加してまいりました!

組織OFF NEW YEAR2019
http://maho-deco.com/diary/archives/525


鉄くずさんが上記のblogで書いてくださっている通り、新年の開催。
私は1/4(金)のみの参加でした。

で何やったかって言ったら、スマブラ。
もうほんとスマブラしかしてない。スマブラをやりに行った。
酒飲んでスマブラをやった。朝から酒を飲んでスマブラをした。
そんで腹が減ったからラーメンを食った。で、だべって帰った。

おい何の集まりだこれ!!!

と言ってもかなり前からオフ会=スマブラ合宿になっているので
特に違和感はナシ。スマブラが昨年12月に発売されことを思えば
そりゃこーもなるよねといった感じだ。

個人的にスマブラSPは買って全キャラ出したものの
そこで燃え尽きてしまい、以後触っていなかったため
操作感がチンプンカンプンでかなり出遅れていた感が否めない。
アピール連発して相手を煽っていくスタイルも、
強さが伴わないと単なるチンピラだ!ただまぁ、
そんな俺でも楽しめる度量の広さがスマブラの良さなんだとは思う。




あとは単純に懐かしい面々の近況話が聞けてよかったという感じ。
ぶっちゃけ会うのが一年ぶりとかいうレベルなので、
いろんな話があって驚かされます。定期的に会うのはやはりいいものですね。

拍手

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

次のページ>>
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose