Amazon.co.jp ウィジェット TAT ツクール 忍者ブログ
クソみたいな素人の私が
ウディタでシンボルエンカウントを作ろうと思った時に
参考にしまくったサイトをメモしておきます。
きっとまた忘れるので。


はじめてのウディタ 挫折して再び
STEP14 戦闘イベントの作成

ボンバーガイを作った時にも参考にしまくったサイトですが
やっぱり今回も参考になる。
シンボルエンカウント、ランダムエンカウント双方について
ウディタでの基本的なアルゴリズムの考え方を説明してくれるので
まず最初に読んでおくとわかりやすい。


なんか作って載せます
制限時間のあるゲームを作る【第3回】
制限時間のあるゲームを作る【第4回】

制限時間とは関係がありませんが、
シンボルエンカウントの具体的な実装方法について
より突っ込んで書いてくれています。すげえ助かる。
全体的なイベントのページ割りはこのままに、
第4回に書いてある接触判定方法と、
第3回に書いてある実際の戦闘と、勝利後、逃走後のコマンド内容を
を参考にすればそれで事足りるというもの。


WOLF RPGエディター コモンイベント集
8方向視界コモン
イベントの間に壁があるか判定

で、今回シンボルエンカウントを実装するにあたって
特にやりたかったのが、
「敵の視界に入ったら敵が追いかけてくる」というもの。

どうやって実装しようか悩んでいましたが、
結局このコモン二つをインポートすれば事足りました。

どちらもかなり前からあるコモンですので
私があーだこーだ言わずとも著名なものと思いますが
8方向視界コモンはイベントの正面から
扇状に視界を細かく設定できるというもので
視野角の広さ、遠さにいたるまで設定できます。

しかしこのコモン、壁の有無は判定してくれないので
それを補う形で、イベントの間に壁があるか判定コモンで
壁がある場合には視野には入っていないことにすれば
イベントごとに個別に視野が設定可能。



そのほか、今回はシンボルエンカウントの
仕組みづくりの部分までしか見ませんでしたが
シンボルエンカウントの際に本来設定すべき敵のグループ設定についても
ランダム生成できるコモンイベントがあるようですので
この辺も使っていけば、さらに楽できそうですね。

拍手

PR
久々にウディタをいじっています。
なかなかいじる気にならなかったんですが、
触り始めてみたらだんだんと気持ちが乗ってきまして
ここ最近は何とか毎日触れています。
拙いながらもシステム周りをさぐりさぐりいじっているときが楽しいですね。


触り始めたわけ

少し前からこんなゲーム作ったらちょっと面白いかな?というネタを
ちょこちょこ書きとめてはいましたが、
なかなか実際に作るステップには至っていませんでした。

そんなとき、

こげさんの10年近く前のこげさんのオフ会レポート語りを耳にして
あんときはよかったなぁと、ツクール熱がふつふつと。
エッケザックスやらFanFare!やらの話をしているのを聞いたら
もうちょっとちゃんと作ってみてもいいのかなぁ、という気にもなる。

そうこうしているうちにオフ会に参加する機会があったりもして、
さらにはクソ暇なお盆休みに突入したもんだから、
相当重い腰を上げて作成を再開した次第です。


手を抜きながら触っています

ちょっとまだ形になり切ってないうえに、完成する見通しも立っておらず
ぶっちゃけサンプルゲームを少し改変している程度しか触れていないので
「こんなゲームを作ってます!」なんて大声で言えるものではない。

ただ、とりあえずぼんやり思い描いてる形を作るうえで
気を付けていることがあります。


画像素材はデフォルトのものを使う

画像を探し始めるとキリがないのはよくあること。
社会人となり家庭も持ってしまった身としては
画像を探す時間も、ましてや自作する時間もありません。

ということで、ここにこだわることはスッパリとやめて
デフォルトのものだけで基本的にやっていこうと思っています。

幸い、ウディタにはグラフィック合成機という心強い味方がいまして
キャラチップだけなら無限に生成することができます。
それっぽいキャラだけ作ってインポートすればすぐに使えるので全く困らない。
マップチップも基本的にはデフォルトのみで攻めていきたいと思っています。
懲りだすと探すのが楽しくなっちゃうからなぁ。
それはそれでいいものなんですが。今回はナシで。


システムをいじるときには、自分の力でがんばらない

基本的にこれから自分がやろうと思っていることは
過去に誰かがやったことだと思いますんで、google先生に聞いて
誰かがやってたらそれをコピペして進めてます。

ありがたいことに、WOLF RPGエディター コモンイベント集 というものもあり
これをそのまま入れたり中身を覗いてヒントにしたりしながら進めています。
自力でがんばって作るんじゃ!イチからワイが作るんじゃ!という気持ちは捨てた。

これも難しいところで、自分で頑張って作る、
システムを構築するという面白さもゲーム制作にはあるんですよね。
ボンバーガイなんかはそういうところで楽しませていただきました。
ただこれもこれで肝心のゲームが完成しなくなっちゃうのが世の常。
ということで手を抜いてかかることにしました。



とりあえずはこんなところで進めています。
みなさんに見せれるところまで行けるかどうかわかりませんが、
長い目で見てやってください。
進捗ありましたら、またちょいちょい報告しますね。

拍手

ツクールMVの体験版をダウンロードしました。

ツクールMV
https://tkool.jp/mv/


今回のツクールはhtml5での出力が可能で、
webブラウザでのプレイが可能な点が少し面白い。RTPもいりません。
もちろんデータの内容が重ければ、ロードにも時間がかかるんでしょうが
ちょっとしたネタゲーであればダウンロードしてプレイする、
という手間もなしにプレイできる点に期待しています。

とりあえず30日間使用可能な体験版で
ちょっと味見をしつつ様子をうかがっていきたいところ。
どのみち時間のかかる大作を作ることはできないと思いますし。

というわけでひとまずマップだけ作ってみました。

ぜんぜん遊べる遊べないというレベルではないシロモノですが
いろいろ時間を見つけて遊んでいきたいと思います。

拍手

ボンバーガイの専用ページを作りました!

ボンバーガイ
http://tonzura.nusutto.jp/works/bomguy.html


すっごい久々にページを作ったので更新の仕方を忘れてました。
四苦八苦した。なんて分かりづらいページ構成なんだこのサイトは。


ハードルを下げに下げて完成

この作品はあくまでウディタの練習用に作ってみたもので
クオリティの面から言っても相当イマイチなところがあります。

ぶっちゃけてしまうと、システム周りはかなり力を入れて
楽しく集中して作っていくことができましたが
いざステージを作って、オープニングとエンディングを作って
ゲームとしての体裁を整えるフェーズに入ると途端に飽きてしまった。
とはいえ完成だけはさせなければならないと思いなおし
どうにかこうにかエンディングを流して完成の形を整えたというものです。

そういう意味ではゲーム作りに対して私個人が設けていたハードルを
極端に下げることに成功した作品とも言えます。
こんな適当でいいならもっと早く完成できていた!ひどい。


次回作の礎になれば

一応ボンバーマン的な動きは基本的にできていますが
ホントに基本だけで、キックやパンチなんかは全くありません。
ただ、アイテムでパワーアップしてものすごい火力で敵を粉砕していくのは
それなりに面白いかも?とは思っていて、なんとかゲームの形には
なっているように思います。最後にスコアも表示するし!
ただ、シナリオみたいなところは一切ない。
当初はパロディ的なものを混ぜていろいろやりたいと思ってたんですけどね。

まぁ、ウディタの基本的な操作方法は分かりましたので
次回作をもし作ることがあれば、またウディタでトライしていきたいところ。
今回ハードルを下げれたことが、次回作の作成に対して
ものすごいアドバンテージになることを期待します。

つーか前作のDQ3inRPGツクール3から3年半もたってたんですね。
すごいブランクだったんだなぁ。
次はもうちょっと早いといいな、と思いました。人ごとか。

拍手

何を今さら感がある話で申し訳ないのですが、
まったく知らなかったのでここで紹介させて下さい。
プギャーしてくれてもかまわない!

RPGツクールVX Aceの素材として
RPGツクールDSグラフィック&音楽素材集」が発売!

そもそも発売されたのが今年2014年の2月14日ということで
既に一か月も経過してのこの紹介と言うところに
どんだけノーマークだったんだよという気がぎゅんぎゅんしていますが
こういう素材の転用と言うか焼き回しと言うか、あるんですね。

特にマップチップを配布してくれるのがデカい!非常に貴重です。
以前にもRPGツクール2003でRPGツクール4のモンスターグラフィック素材が
配布されていたりもしましたが、マップチップの配布はなかったですよね。
もういっそのこと家庭用RPGツクールのグラフィック素材を
どんどんPC用に移植してくれたらいいのになーと思わずにはいられません。



こういうサンプル画像を見ていて思うのですが、
家庭用ツクールはどうしたって容量を気にしながらマップを作らなきゃいけないので
これだけ大きなマップを自由自在に組むことは非常に困難なんですね。
PC用という容量を気にせずともよい環境で好き勝手にマップを組めるのは
ある種非常に贅沢なこと。



素材の質はいいわけですから、
こういうのをPC用に転用できるのはとてもいいことですよね。
RPGツクール自体はどんどんと下火になってきている感がぬぐえませんが
こういうあまり手がかからない程度に薪をくべていくくらいは
あってもいいんじゃないかなぁ。



でもこの盾はデカすぎるだろう。

拍手

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

次のページ>>
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose