Amazon.co.jp ウィジェット TAT 飲み会をする男たち ゲームバー接待&説教地獄編 忍者ブログ
先日参加いたしました大阪ゲームバーオフ会のレポート後編です!
というか前回のレポートではまだゲームバーにたどり着いてもいない。
今回はいよいよ、ゲームバーに到着して以降、発生したできごとをレポートします。


僕が声をかけると、彼は「アキカーン」と答えた

何とかお店に到着できた我々。身体は冷え切っています。
もとをただせば地図を紛失したことが発端だと思うのですが、
まったく悪びれないAUさん。へこたれない!そこがAUさんのいいところ!

お店の中を見回すと、そこには往年のゲーム機からテーブルゲーム類がぎっしり。
何から手をつけていこうかと気がはやります!
ひとまず空いていたSFCの前に席を確保するやいなや
「何して遊びましょう?」と相談しつつお店にあるカセットを物色するてっかんさんと私。
あれ、AUさんがいない…。

!?

目に飛び込んできたのは1人スーパーワギャンランドをプレイ開始するAUさん!
えええっ、AUさん何一人でやってるんですか!!!協調性って知ってますか!
みんなで遊べるのやりましょうよ!思わず声を荒げる俺!!!
それに!対する!AUさんの返答が!

 「アキカーン当たった!アキカーン知らなかったのに当たった!」

はしゃぐおっさんAUさん。
わ、悪びれないところがAUさんのいいところ…。


四国流接待プレイ

いろいろ物色した結果、てっかんさんが布教用に持ち込んだ
パネルでポンをプレイすることに。



隣り合うブロックを左右に入れ替えることで移動させ、
同じブロックを3つ以上並べられれば消えるというパズルゲー。
どうもこのお店でもかなり人気が高いらしくやりこんでられる常連さんも多いとか。
てっかんさんもこのゲームをかなり好んでやられているそうで
今回はこのゲームを紹介することも目的のひとつだったそうです。

で、さっそくAUさんとてっかんさんが対戦を始めたんですが
私を待ち受けていたのは思いもよらぬ地獄的展開だったのです!
まったく接待プレイをせずAUさんをボコボコにしだすてっかんさん!
てててててっかんさん!寒い中歩きまわされた恨みがあるのは分かりますが
もう少し手加減されてもよろしいのでは!彼はウンコにクソがつくほどの初心者ですぞ!
これでは布教もクソもありませぬ!憎しみが憎しみを呼び、
世は荒廃し人が住めなくなりまする!核の冬が来るぞ!!!

調整のためハンデを広げつつAUさんが何とか一勝するも
どうもてっかんさんにつけられたハンデがきつく、
普段のプレイより色がひとつ多かったようで
これを減らさなければ接待プレイはできないとの事。なるほど!
協議の末ハンデをゆるめることに。

するとてっかんさんは一転してAUさんが攻撃してくるまで
何もしないという舐めプレイに転身!
そして一言

 「よかった。これで接待できる」

な、何事か!
こ、これが四国、いや、死国スタイル…!!!

ゲームから学ばされる男たち

その後、てっかんさんがもう一作持ち込んだ「バイキングの大迷惑」をプレイすることに。



このゲームはアクションゲームに見せかけたパズルゲームで、
異なる特徴を持つ3キャラクタを交互に操作してステージを突破するというもの。
なんとてっかんさんのツクール3代表作、T.U.に大きくインスピレーションを与えたという
てっかんさんを語る上でははずすことができないゲームです。

さっそくAUさんがプレイし始めますが、
3人のうち、唯一攻撃能力を持つ一体だけを特攻させてしまいます。
こんなんでいいのかなぁと見ていると、やはりというか何というか、
高所から落下して死んでしまいました。

で、このゲームなんですが、3人全員が生還しないとクリアになりません。

てっかんさんは我々を諭すように語りました。

「3人をいっしょに、歩調をあわせながら進むことが大切なんです。
 ゆっくり長所を生かしつつ、慎重に進まないと、このゲームはクリアできません。」

あれ、なんだろうこの感じ。 これはゲームのことを言っているのだろうか…?
…はっ、そうか!さっきまで外でさまよい、店にたどりつけなかったのはこのせいか!
我々に欠けていたのは立ち止まり、相手を待つ気持ち。
いったん冷静になって相談し、慎重に進むチームワークではなかったか!
俺たちはこのゲームから学ばなければならないことがあるんじゃないか!!!

AU「このゲーム日本じゃ売れなかったのが分かります」

言ってる場合じゃないよ!!!



その後、聖剣伝説2や幽々白書2、がんばれゴエモン2などをプレイ。
次の日が仕事だった私はそこでタイムオーバー、お店をあとにしました。

このお店、テーブルゲームやカードゲームの品揃えがかなり豊富で
今度はこのあたりのルールをすでにご存知の方を交えて
来るのもよさそうだなぁと思った次第。

ゲームソフトの本数はあまり豊富とはいえず、
我々の共通言語であるRPGツクールは一作もおいてありませんでした(当たり前)
今度はRPGツクールを持ち込んで遊ぶのもいいかもしれませんね。
特にSFCのRPGツクール2なんかは持っていくと意外と面白いかも。
機会があればぜひぜひ!お二方、どうもありがとうございましたー!
いろいろ書きましたが、楽しかったです!(フォロー)

拍手

PR
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose