Amazon.co.jp ウィジェット TAT 主人公キャラのグラフィックが毎回なあなあで決まる 忍者ブログ
新しいRPGをぶち上げるたびに主人公のグラフィックを何にするか悩みます。
私の場合、キャラクタの外見ありきでシナリオを考えていかないので
いつも決まって悩むのはRPGツクール上で主人公データをつくるとき。

なんていうんですかね、ちょっとデザイナ的な思考をする人は
製作ノート見るといきなり主人公のキャラクタデザインが
ババーンと出てくるじゃないですか。
結城えいしくんなんかもそーだったのを覚えてます。
キャラクタがババーンと出てきて、なんか重要そうな空中要塞やら
ダンジョンやらのイメージデザインがババーンと描いてあるっつう感じ。
絵心ない私なんかはそういうわけもなくて、後回し後回しです。

んで、RPGツクールで作業し始めてようやっと
「あっ、いけね。 グラフィックどうしよう」
とか悩み始めるんですね。
無駄に過去作ったRPGなんかもあるわけで、そーなると
そこで出てきた主要キャラクタとはやっぱりグラフィックを分けたい。
あと、著名なキャラクタグラフィックはやっぱし避けていきたい。
そーやって考えてゆくとどんどんドつぼにはまってどーしょうもなくなるっていう。

アニメティカが描ければいいんですけど、そんな腕もないし。
そもそもそこにアニメティカの容量を割くべきかどうかという議論もある。

んで、悩んで悩んで、結局のところ
「とりあえず、まぁ、これにしておこう」
みたいな軽いノリで仮に決めておくわけですよ。
そーなるとやっぱり、それで愛着わいちゃってそれに決まっちゃうんですねー。


何が言いたいかって言うと、FanFare!でもそうだったってことです。

拍手

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose