Amazon.co.jp ウィジェット TAT ファンタジーやらSFやら 忍者ブログ
RPGツクールばっかり触ってると
市販のゲームを買わなくなって経済的だよ!
とか言われたことがありますが、まさにそのとおり。
ぜんぜん流れに乗れていない感じはしちゃいます。
一応ニュースサイトなんかはチェックしているんですけれど。

「ゲームの世界観、あなたはファンタジー派?それともSF派?」
投票結果発表
http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=4156

見ていただけるとよくわかりますが、

>総投票数759名のうち417票が集まって
>ファンタジー派が55%の優勢です。


とかいう結果。
個人的には圧倒的にファンタジーが優位なもんだと
ばかり思っていたので意外です。
とはいえ確かに記事にて紹介されていた最近売りに出されている
ゲーム群を見て納得。
ファンタジーやらSFやら垣根があいまいなゲームも多いですが
SF成分が多く含まれているゲームがたくさんあります。

これってどうなんですかね
作り手の趣味が露骨に反映されるRPGツクールの場合は
どういう結果が出るんでしょうか。
実際にRPGツクールで作られたRPGをチェックしていって
SFが多いかファンタジーが多いか統計してもらいたいもんです。
RPGツクール3なんかだとやっぱりファンタジーが多いのかな。
PCツクールだと素材の垣根がない分
SFが多くなってくるのかもしれない。
純粋なファンタジーなんてカッコわるいぜ!みたいなのも
あったりするのかなぁ。

誰かチェックして下さい!
そんで私に教えてください!

拍手

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose