Amazon.co.jp ウィジェット TAT ようやっと理解できた私のRPGに足りてなかったもの 忍者ブログ
ひらめいたぞ!

私のこれまでの作風は主に「最後だけ唐突にシリアス」でした。
でもってこれに対して「最後までギャグのほうがいいよ」なんて
アドバイスをいただくことが間々ありました。
私ね、これ正直に言いますけど「最後までギャグ」でやって
RPGをシメるやり方がよくわかってなかったんですよ。
もちろんシリアスな展開が好きだってのもあるんですけど、
どっちかっていうと「ギャグでシメられない」っていう。

でも、なんか今さっきギャグでシメるって言うのが
どーゆーもんなのかちょっとわかった気がしました。
神が降りてきた気がした!

要するにアレですね。
勇者カタストロフみたいなオチを持ってこればいいんですね!

(ここから勇者カタストロフを知らない人は置いてきぼりです)

最後はシリアスな展開でグワーっと盛り上げつつも
並行しながらギャグパートが進行していくと!
そんでもって最後にそれが混ざり合ってギャグで片付けると!
まぁ、若干の打ち切りみたいなものもあったのかもしれませんが
ああいうオチが理想的なのかもしれない。
うーん、でもそう考えてもどういうネタにすればいいのかは難しいなぁ。

とりあえず理想像というか、お手本は見えたので
そんな感じでなんかいいネタがないかどうか考えてみよう。
うん、なんかイケる気がしてきた。


あと、私のギャグパートの演出が過剰だっていわれてたのも
なんかちょっと理解できた気がしました。
要するにアレですね、ギャグの部分があまりにも通常のシナリオの枠から
外れた発想で進行してくから唐突なんですね。
そりゃーまずいわなー。
とかなんとかReturneesを振り返りながら考えてたりしました。
本格的に構想がまとまる前に理解できてよかったと思います。いやマジで。

拍手

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose