Amazon.co.jp ウィジェット TAT 動画編集に四苦八苦するオレ 忍者ブログ
動画をなんとかがんばって編集しています。
今までやってたのはプレイのみの動画だったので
ゲーム中の音声と動画のみを撮影していればよかったんです。
youtubeに上がってるダイジェスト動画とか、
ニコニコのドラえもん動画なんかがそれですね。

ところがこれに私の声を入れようと思うと、
今までの手法だと声がずれてしまう。
要するに、プレイのみの動画であったならば、
ゲームの処理がカクカクになるのを防いで録画録音すればいいんですが、
実況は「カクカクになって出力された画面や音」を見聞きしてやっているので
合わせるとズレてしまうんです。
言ってることが分かりづらいと思いますが、そのへんはご容赦。

つーワケで、これまでとはちょっと違う手法で録画録音しました。
それにより動画とゲーム内音楽、私の肉声を合成して編集するのに
今まで以上に手間がかかるようになってしまった。
この記事はいかにしてそのへんを処理していくかっつーことを
主に私向けにメモ書きしておくっつー趣旨です。
なんで、分かりづらいところあるかと思いますが対応しません!!!


私がまだ半角エージだったころ、動画編集に関してちらっとメモ書きをしました。
そこで私は動画の編集にVideoStudioを使うことを推奨していたんですね。
一般的に広く動画編集に用いられている(らしい)のはAviUtlというソフトです。
これは、AviUtlがフリーソフトで、VideoStudioが市販ソフトであることからですね。
(一応体験版もあります。私もそれを使っていた。)
ただ、VideoStudioはGUIがしっかりしていて使い方がわかりやすいんです。
そういうワケでVideoStudioを使っていたんですが、このソフト、重いんですよ!
やっぱりGUIがごついからか多機能だからなのか、動作がクソ重い。
私がやりたい細かい編集をやろうとすると、とてもじゃないけどイライラしてしまう。
というワケで軽さに定評のあるAviUtlの操作法習得が急務となりました。

以下に、AviUtlのひとまずの使い方を習得する際に使ったWebページをリンク。


DivX - DVD からDivXをつくる一般的な方法(AviUtl)
http://www.backupstreet.com/backupTec/encode/divx_aviutl.html

動画エンコードにDivXを使ったので、その設定手法についてはここを読みました。
このページは過剰なほどに説明が丁寧です。わかりやすい。
ただ、ところどころ記述が古いところがあるんでそこは自分でなんとか。
とりあえず今動いてるんでOKだと思われる。


ePSXeのゲーム画面を音声付きで録画する
http://psemu.jpn.org/usr/bin/perl/wiki.cgi

多分、前に動画編集について書いたときにもここはリンクしたはず。
AviUtlを使った動画と音声のタイミング合わせについて記述があります。
このページにもれず、このサイトは説明が分かりやすいので重宝する。


AviUtlの簡単な説明
http://www.kjps.net/user/r2-m2/clare/dtv/aviutl.html


ホントに簡単な機能説明しかありませんけど、そのかわり分かりやすい。
とりあえずカットだけわかればよかったのでここで覚えました。
私はそういうところからのスタートだったんです(汗)


とりあえずこれでセッティングとか処理とかは完了してるんですが
今ちょーど出力で手間取ってます(汗)
なんてこったい。
またやり方がわかったら覚書していきたいところ。なんじゃこりゃ


※追記
どうもDivXで再エンコして出力しようとすると妙なことになる様子。
原因はよくわからない。よって直し方がよくわからない。
ひとまず手法を変えて画像は無圧縮、音声のみ付け足した形で吐き出させる。
んでもってそれをDr.DivX先生を使って容量を下げつつ整える感じで解決したっぽい。
どーにもよくわからんことばかりだけれど、とりあえず私の環境で動画を編集できる
手法をひとつ確立できたっぽいのでOKとしようかな。

拍手

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose