Amazon.co.jp ウィジェット TAT 小躍りしながらBRAVELY SECONDの公式サイトを眺める人 忍者ブログ

BRAVELY SECOND 公式サイトオープン!

うひょー!
BRAVELY DEFAULTの続編のホームページがオープンしたぞ!!!

BRAVELY SECOND
http://www.jp.square-enix.com/second/

入るなりナウシカレクイエムを思い出させるような
幼女のランラン節が高らかに鳴りわたってどういうことなの状態!
魔王バスター「マグノリア・アーチ」という名の新しいキャラクタの解説が
イの一番に持ってこられてるあたり、
このキャラが次回作では大きな役割を果たすということか!
いやいやいやいやそこはBRAVELY DEFAULTの続編!うかつにゃ信じられないぞ!
うわー、俺は何を信じればいいんだ!(ひどい)

長々と書かれたサイトの引きが、

 いまここに、新造学園都市の大教授が
 新体系の魔法を定義付けしようとしていた…ッ!!!

とかいう「えっ、なにそれ」感がすごい内容になっているあたりも
何かしら裏があるような気がしてすごい。
もはや何をされても期待してしまうほど俺はBRAVELY DEFAULTに
やられてしまっている!

期待1. ストレスのないユーザインタフェース

BRAVELY DEFAULT をプレイした身としては
BRAVELY SECONDには色々と期待したいところがあります。
まずはメニューやフィールド、戦闘なんかでの行き届いたUI。
このへんはBRAVELY DEFAULTですでに完成されていた感がありましたし
戦闘の早送りシステムは非常によくできていてストレスなくプレイできました。

そういう旧作の良さを壊してしまいがちなのが新システムですが
つい先日に発売されたfor the sequelでそのあたりのシステムも
一足早く公開されているようで、いずれにしてもSECONDでは
さらに洗練されたものになっていること間違いなし!
for the sequelについてもメタルマックスが完了したら触ってみたいところだなぁ。


期待2. 魅力的なキャラクタ陣

続いては魅力的なキャラのかけあい!
アニメや漫画を思わせるほど個性の強いキャラクタたちの
本筋の枠をやや超えがちなまでに盛り上がる掛け合いが、
プレイしている私としては愛着となり、結果としてゲームにのめりこませてくれました。

SECONDでは色々と新作も出てくるでしょうし、
どうもサイトの内容を見ている限りでは旧作のキャラも出てくるみたい。
その辺がどう絡んで、DEFAULTとは違ったどんな掛け合いが見られるか楽しみです。
当然、味方キャラだけでなく敵キャラについても
色々ぶっ飛んだキャラが出てくるのを楽しみにしたい!

期待3. やっぱりシナリオ!

最後はやっぱりシナリオですよね。
DEFAULTのどんでん返しとクライマックスに向けてのとんでもない盛り上がり!
あれがやっぱりBRAVELY DEFAULTがBRAVELY DEFAULTであるがゆえんですよ!
プレイする身としてはやっぱりそこを期待せざるを得ない!
期待すればするほどハードルも上がってしまい
得てしてなかなか満足を得られないものですが、それでも楽しみです。

そうなってくるとタイトルにも何か秘められた理由づけがあるのではないかと
思わずにはいられません。
辞書を引くとSECONDには「第二の」とか、「二番目の」とかありますが
「もうひとつの」とか「よく似た」とか「再来の」なんてのもあったりする。
なんかそれっぽい!でもどういうことか分からない!
どういうこと!BRAVELYなDEFAULTをもう一回すればいいの!

あとは「〈動議・決議に〉賛成する」なんて意味もあるらしく
これはオッと言う感じがする。そういう意味もあるんですね。
「勇気ある~」にひっかけると何だかそのあたりが
最終盤のシナリオで大きなポイントになってきそうな気も!
100回裏切られても101回目を信じたいみたいな!そういうことですか!



まだまだ発売日もシステム周りも、
果てにはプレイ人数すらも明らかになっていない本作ですが
今からプレイするのが楽しみです。続報を待ちたいと思います!

拍手

PR
twitter
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

© kondo 2000-2009. All rights reserved.
Designed : Under the Rose